風俗ビジネス情報クラブ

何故ヴィトンって人気なの?

ヴィトンの人気の秘密はこれだ!

誰しもが一度は目にした事のある、耳にした事のある人気ブランドの最高峰ともいえるルイヴィトン。物心ついたときから高級ブランドと言うイメージがあるのでなんで人気なのかって言うのを考えた事もない方がほとんどだと思います。今回はそんなルイヴィトンの人気の秘訣や歴史を徹底調査してみました。
パリのルイヴィトン本店そもそものルイヴィトンの始まりはフランスでスーツケース職人をしてたルイヴィトンが創設しました。1854年に世界初の旅行用カバン専門店をパリに創設しました。1860年代には万博で銅メダルを獲得したり、エジプトの総監やロシアの皇太子からの発注を受けたりと知名度をあげていきます。この当時からコピー品が多く、それの対策としてストライプの生地を利用したりと対策をしていたそうです。どんどんコピー品は増えましたが、ルイヴィトンの技術や職人魂に惹かれ人々に愛され大成功を収める事になるのです。
1885年にはイギリスのロンドンに進出し、1880年にはルイヴィトンの息子がコピー品対策としてチェスのようなチェック柄にルイヴィトンの文字が入った「ダミエ」を考案しました。ルイヴィトンと言うとモノグラムを思い浮かべる方が多いと思いますが、実はダミエの方が先だったんです。私も調べながら初めて知りました(笑)そのダミエが数年後の万博で金賞を取り、ハンドバッグを制作するようになり人気はさらに加速!その辺りで創設者のルイヴィトンは亡くなり、息子があとを引き継ぐ事になりました。そしてその3年後、またもやコピー品対策の為に今では代名詞となっているモノグラムを発表しました。このモノグラムはなんと日本の家紋をイメージしてデザインされたと言われています。日本人には馴染みやすく大ヒットをもたらしたんではないでしょうか。その後息子はアメリカへ渡りニューヨークやシカゴでヴィトン製品を売り歩いたそうです。アメリカでも大ヒットし、その後日本へ進出したのは1978年。東京の高島屋や、西武などで展開され、もちろん日本でも大ヒット。世界中で知らない人がいない程の人気ブランドに進化していったのです。現在でも有名ブランドとのコラボや、新作が次々発表され、これからも目が離せないブランドとして世界中のトップに君臨する事でしょう。深い歴史と、職人魂溢れるルイヴィトンの人気の秘密をわかっていただけましたか?人気な物には人気な理由はあるんですね。